9:00~18:00
毎週水曜日
2019年12月10日
リノベーション事例集

家賃の下落を食い止める

ユニットバスの「塗装」という選択肢

築古物件をどうやって安くきれいにするか

賃貸住宅市場で、築年数が20年以上を経過している物件が全体の過半数を超えている現代。物件の賃料は下がり続け、オーナーのキャッシュフローは厳しくなっています。

そこに物件の経年による傷みなども問題になっていき、キャッシュフローが悪いから手元資金が無く、物件をリフレッシュする再投資資金も捻出できない。さらに賃料は下がり・・・

と、負のスパイラルに陥り物件を売却してオーナー業を廃業する・・・こんなケースが増えているのが現実です。もちろん売却するときは足元を見られて、業者に買いたたかれるのは言うまでもありません。

いかに賃料の下落を最低限の投資で食い止めるか・・・これは喫緊の課題なんです。

例えばユニットバスが経年で傷んでいたら

上の写真をご覧ください。

施工前のユニットバス、写真ではわかりにくいのですが、全体的に色あせをしていてとっても汚かったです。落ちない汚れなどもあり、とても自分ならクリーンアップされていても使いたくありません。もちろん内覧するお客さんにも同じ印象を与えるでしょう。

施工後の写真をご覧ください。新しくはないですが、清潔感ある美しいユニットバスです。これなら私でも使いたいと思います。

これは「塗装」です。

ユニットバスは本来塗装できません。普通の塗装屋さんに言っても断られます。そこで弊社はユニットバス専用の特殊塗装を施工しました。

費用はユニットバスを入れ替える約3分の1です。

これで春の賃貸市場に堂々と胸を張って出すことができます。

他にも問題があったので改善しました

キッチンが古臭く印象が悪かったので、今回は予算をかけて入替をしました。その際に吊戸棚を廃止しアイアンの棚を新調しました。キッチンパネルも良い感じです。

また、エアコンの取り付け位置が悪く、カーテンレールがまともに着けれない状態でした。エアコンを移設し、カーテンレールを取り付け、当たり前の姿にしました。窓の解放感もUPしましたね。

これで家賃の下落を食い止めることができたと思います。

低予算でプチリノベ。ご用命は当社まで・・・

この記事を書いた人
村田 哲夫 ムラタ テツオ
村田 哲夫
ブライトハウス代表の村田です。土木建築業界に14年、大手不動産仲介会社で14年の経験を積んで独立しました。 私は建築業界が長かったので、普通の不動産屋さんとは違う目線でお役にたてることがあると思います。 主に売買仲介、古家再生、買取再販、リフォーム、投資販売、管理を担当しています。 丁寧をモットーに、お客様のお役にたてるように精一杯頑張ります。
arrow_upward