9:00~18:00
毎週水曜日
2020年06月29日
空室対策

家賃の下降を食い止める!|ユニットバスですけど何か!?

お部屋探しで必須条件になっている、お風呂トイレセパレート(今では洗面台独立の3点セパレート)が主流です。

既存物件(築古年物件)で、専有面積・間取りの都合上変更がきかないワンルームは賃料の下降傾向です。

しかし、ユニットバス・築古物件も一手間かけることで賃料の下落を抑止できます。

セパレートにできるものであれば、セパレートにリノベーションして賃料維持を図るもの良しですね。

セパレートにすると部屋が狭くなってしまい逆効果になるケースもあります。

その場合は、現状のユニットバスのまま、浴室パネルの張り替えてイメージを変えてみませんか。

当社の管理物件で空室が目立ってきたマンションで1室をリフォーム検証してみました。

すると、成約までの期間が短縮できました。

ユニットバスだから、古くなってきたからと空室状態で我慢せず、賃料も下げずに早期成約を目指しましょう。

リフォーム内容は入居者層をイメージしながら検討

何でもかんでもリフォームして綺麗すると賃料UPをしないと運営上成り立ちません。

近隣相場や市場適正価格を踏まえ、●●な方に入居してほしいと狙いを定めて、リフォーム予算を組み施工するといいと思います。

賃貸オーナー様、

空室対策・賃貸管理・リフォームについてのご相談はブライトハウスへお気軽にどうぞ

この記事を書いた人
川嶋 智広 カワシマ トモヒロ
川嶋 智広
お部屋探しでお悩み事がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 オーナー様 空室対策を一緒に考えさせて下さい。ご要望にお応えできるよう頑張ります。
arrow_upward