株式会社ブライトハウス
9:00~18:00
毎週水曜日
2018年01月08日
ニュース

ネットで賃貸物件を探すときの注意点

春のお部屋探しシーズンが到来しました。安心して(騙されずに)部屋を借りるにはどうすればいいでしょうか

賃貸屋さんの仕組みを理解すれば色々わかる

成人式の祝日が過ぎたころから、本格的に不動産の春のシーズンがやってきます。皆さんも入学、就職、転勤などの春の新生活に向けてお部屋を探したことが有ったり、または今まさに探しているという人もいらっしゃると思います。

そんなとき、どうやって探しますか?

パソコンや携帯で大手の「HOME's」「SUUMO」「アットホーム」などのポータルサイトからでしょうか?それとも大手賃貸業者さんのHPから検索しますか?

そういうネットの媒体で検索して、お目当ての物件を探し当てた時は、宝探しでお宝を見つけたようで、とってもウキウキすると思います。

そしてあなたは、その物件の問合せフォームから掲載している不動産業者へお問い合わせをします。するとこんな答えが返ってくるときがあります。

「残念ながらタッチの差で成約になりました。違う物件をお探しします。」

せっかく探したのに・・・最終更新日も今日じゃないか・・・最初からないんじゃないの?などなど不満が出てきてしまい、もうその業者では探したくなくなったりします。

こういうパターンの場合、地域にもよりますが、ほぼ最初から空室では無い物件を掲載しているケースが多いです。(本当に成約した場合もまれにあります)

では、どうすれば真実の情報にたどり着くか?

それには掲載している業者さんのスタンスを知ることも大切です。

HPでその業者さんが掲載している物件数をまず見てみましょう。10,000件とか掲載されていませんか?情報量が豊富で、良い業者さんに見えるかもしれません。でも、実際は違います。

物件が空室かどうか。不動産業者は1物件ごとに、貸主や管理会社に確認の電話をかけたり、その業者の空室情報HPなどを確認する作業が必要になります。これを1日中確認してPCに入力し、更新作業をする。専業でこの作業をする人が10人くらいいれば10,000件でも情報としては大体正確と言えるでしょう。

しかし、大抵の業者はそのような人員を確保していません。少数の営業マンが空いた時間にその作業をするんです。ということは、10,000件の空室のブラッシュアップは物理的に不可能であり、「空いているかどうかわからないけど、大量に載せておいたほうが問い合わせが来るチャンスがあるので、一斉更新しとこう」ということになるのです。

そう。業者にとってはその物件が空いているかどうかが問題ではなく、ワンルームやファミリー、いろんな値段帯などの、いろんなパターンの部屋を露出させて、どれだけの問い合わせが来るかどうかが問題なんです。情報が真実かどうかは全く問題ではありません。

もうこの時点で不誠実極まりないですね。

このような業者に問い合わせをしたときに、前出の「決まってしまいました」と言えばまだマシです。酷い時は、空室が無くても「空いてますよ~」「来店してください」と言ってとにかく店に来させます。で、来た時に「決まってしまいました」です。

もはや犯罪に近い?そんな気すらしてしまいます。でも、本当によくあることです。

あなたは、ネットで探した時間と訪問した時間をロスすることになります。なので、掲載業者さんの掲載数には要注意ですね。

適正な掲載数については諸説ありますが、実際に自分たちでやっている肌感覚で申しますと、小さなお店では1,000~2,000が限界でしょう。大型店舗でも3,000~5,000くらいではないでしょうか。

ネットにのっていない物件はあるのか?

お客様からのお問合せのなかで「他社のサイトにはのっているが、御社でも取り扱っているか?」「ネットにのっていない掘り出し物はあるか?」といったようなご質問を受けることが有ります。

他社のサイトにのっていて、当社のサイトにのっていないことはよくあります。(笑)すいません・・・

当社では、上記のように空いているかどうかわからない10,000件を一斉更新したりしていないからです。空室確認のスタッフが2名でやれるだけの情報量しか掲載できません。

でも、地域にもよりますが、私たちの営業しているエリア(大阪)では、存在する物件の99%は仲介できます。

あとの1%は、宅地建物取引業法の趣旨に反して、物件の流通をしない業者さんが囲い込んでいる物件です。そんな業者さんですから、借りなくていいです。国土交通省の意向に反するような企業ですから。やめときましょう。

つまり、「ほぼ全部紹介できる」が答えです。ご安心ください!

当社賃貸検索サイトはここから

 

次に、ネットにのってない掘り出し物はあるか? ですが、

答えから言うと「ほぼ無いです」

だって、掘り出し物なら広告しますやん。しかも最優先で。

もしくは、当社のお客様で「急いでいないが良い物件が有れば・・・」という人に電話しちゃいます。そうなれば掘り出し物は市場に出る前に無くなります。

なので、上手な不動産屋の使い方とすれば、信頼できる不動産屋を見つけて、信頼できる営業マンとコンタクトをよくとって、物件が出た時に優先してもらえるようにするのが良いですね。是非試してみてください!(できれば当社で!宜しくお願いします)

お問い合わせはこちら

この記事を書いた人
村田 哲夫 ムラタ テツオ
村田 哲夫
ブライトハウス代表の村田です。土木建築業界に14年、大手不動産仲介会社で14年の経験を積んで独立しました。 私は建築業界が長かったので、普通の不動産屋さんとは違う目線でお役にたてることがあると思います。 主に売買仲介、買取再販、リフォーム、投資販売、管理を担当しています。 丁寧をモットーに、お客様のお役にたてるように精一杯頑張ります。
arrow_upward