株式会社ブライトハウス
9:00~18:00
毎週水曜日
2019年05月07日
ニュース

古家再生について

いろいろと意味がある仕事だと思います。

キレイゴトの空き家対策では何も進まない

古家再生。

空き家対策。

最近よく聞くワードですね。

空き家って、一説では820万戸もあるそうです。

空き家になってしまう理由もいろいろあるんですが、その中の一つに「相続」があります。

田舎の実家を相続したはいいが、誰も住まない。自分も都会で仕事があるから帰れない。田舎に仕事がないから賃貸で借りる人もいない。遠く離れていると、日常的に自分の所有する空き家を見るわけでもないので、ついつい対策を後回しにしてしまう。

そんな時に「空き家バンク」なるものをネットで見つける。

 

な~んだ、行政が対応策出してるじゃん。

 

いやいや、そんなに甘くないです・・・・・

 

大阪にいて、身の回りでこの制度活用している人、見たことないです。

サイトもリンク切れだらけ。

いわゆる「お役所仕事」なんですね。

国が空き家対策をしろ!といったから、予算付けて制度作って外部に委託してHP作って・・・と、体裁は整えるんですが、具体的な中身は・・・

地方に行けば有効活用している素晴らしい事例もあるでしょうが、まだまだ少数派でしょう。820万戸もさばけません。

おしゃれリノベは古家再生とは別物です

民間のネットとかの事例でも、「古民家をカフェにリノベーションしました」とか、「京町屋をゲストハウスにリノベーションしました」とか、バラ色のお話がよく出ていますが、僕らから見ると

いやいや、いったいいくらお金かけてるの?そんなの普通の古家オーナーでできるわけないやん。

ということになります。リノベ業者の宣伝でしかありません。

当たり前ですが、かけるコストはなるべく安く、そして得る効果は最大限に。普通の古家オーナーができることはこれしかないんです。

日々の生活で精いっぱいの現役世代が相続で得た古家。

これを再生するために、サラリーマンが1000万以上の資金調達して、おしゃれな家をデザインする設計士に100万くらいの高い費用を払って、オーバースペックの工事をやって・・・こんなことできるわけないんです。

古家再生は結構イバラの道なんです。DIY上等。休日は腰袋ぶらさげて自分で作る気概が必要です。私の周りに、このようにして自分で作業するオーナーさんはたくさんいます。こちらのほうが現実的な古家再生といえるでしょう。

僕らのやってる古家再生とは

僕らは古家をいかに安く、いかに綺麗に仕上げるかというテーマと日々戦っています。

お金をかけるべきところはかけて、ケチるところは徹底的にケチる。

この古家を借りるであろう入居者さんを想像しながら、やるべきことを決める。オーバースペックにならないように注意します。

当社の古家再生は、当社が仕入れた古家を当社で再生工事をして、入居者を募集して、お客さんが入った状態で投資家に販売しています。

利回りは10~12%です。(ご興味ある方はお問い合わせください)

当社が仕入れる古家は、屋根に穴が開いていたり、雨漏れがしている物件など、難易度が高い物件です。オーナーがご自分で対処できず、かといって高値で売れることもない物件です。

そのまま放っておいたら、固定資産税ばかりかかってしまい、役所にも「空き家」として目を付けられる。そして何よりも「家」というのは人が住まないと、どんどん傷んでしまう。そういう難易度が高い物件を持ってしまったオーナー様が、処分に困って当社に買取のお話が来ます。

そういう意味では、僕たちの古家再生も誰かのお役に立っていると思います。

形から入って何も進まないお役所仕事と、自分でたくましく再生していく古家オーナーや僕たち。前へ進むのはどちらなのか言うまでもありませんね!

この記事を書いた人
村田 哲夫 ムラタ テツオ
村田 哲夫
ブライトハウス代表の村田です。土木建築業界に14年、大手不動産仲介会社で14年の経験を積んで独立しました。 私は建築業界が長かったので、普通の不動産屋さんとは違う目線でお役にたてることがあると思います。 主に売買仲介、古家再生、買取再販、リフォーム、投資販売、管理を担当しています。 丁寧をモットーに、お客様のお役にたてるように精一杯頑張ります。
arrow_upward